心療内科で病気を克服する、さまざまな治療法を実施

魅力の支援

通院が必要になった場合の自立支援医療制度

心療内科の治療は長い通院が必要な場合が多く、医療費が家計を圧迫することがあれば、治療を中断せねばなりません。継続して治療を続けるためにも、金銭的負担の軽減は重要なことです。精神疾患の治療の為に通院が必要になった方を対象に、公費で医療費を負担する制度を自立支援制度といいます。2006年4月までは通院医療費公費負担制度、通称「32条」と呼ばれていたものです。原則として、健康保険の医療費の負担額が3割だったものが1割になります。ただし、精神疾患以外の治療や保険適用外の治療、入院治療の場合は対象外となります。さらに名古屋では、高額な医療費がかかる方や低所得者を対象に1割負担も軽減する制度があります。名古屋の心療内科への定期的な受診が必要な方で、この制度が気になった方は、まずは担当の医師に相談することをお勧めします。

急増中の名古屋の心療内科の歴史

名古屋の街を見渡すと、至る所に心療内科の看板や広告を見かけます。どの広告も上品で温かい雰囲気を醸し出しており、一昔前の、心の病は怖く閉ざされたものというイメージは一新されました。現代はストレス社会とも呼ばれており、多くのストレスを抱え、心の病に悩む人も増え続けています。自分の心の様子がいつもと違うと感じたら、気軽に受診できるのが心療内科です。ほんの10数年前までは全然見かけなかったのに、突然爆発的に増えたと感じる方も多い心療内科ですが、実は1996年に標ぼう科として認められたばかりの歴史の浅い、新しい診察科なのです。心療内科は言葉の響きが優しいことから敷居も低く、名古屋の人々にも受け入れられ、なくてはならないものとなっています。